FC2ブログ

Lighting 

純正LEDの車輛が多くなってきた昨今ですがまだまだハロゲンが多数派。少し前に比べてハロゲン置き換えの社外LEDもしっかりした製品が多くなってきました。
でも他車からの視認性は良くても自身、ライダー&ドライバーからも「よく見える」とは限りません・・・・

白い光、何だか見にくいんだよなぁ~(全然大丈夫って方も居ます、好みですが・・・)
そんな方は昔ながらのリレーキット、マルチリフレクター&ハイワッテージバルブがオススメ
IMG_5029_convert_20190413150511.jpg
最近JA11に組んだ↑フルキット。「超」過酷な状況で使われる車なので信頼性がポイント、サブでLEDランプも使いますが。
影が出来やすいLEDに比べハロゲンの方が路面の状況を掴みやすいんです。
私のバイクも純正LEDのハーレー以外はこのやり方でアップグレードしています。ナイトランが楽しいですねローガン?老眼?な目に優しい笑)

リレーキットはロスを無くすスマートなチューンナップ、マルチリフレクター化するのも効果的です。05年辺りまでのハーレーは以降のモデル純正のマルチリフレクターレンズに交換するのは定番のカスタマイズ。
電気に余裕が有って、ガラスレンズなら迷わずハイワッテージバルブを追加!これで最強仕様
丸ライトやKAWASAKI系に多い四角の規格モノならレイブリックやIPFから良い製品が出ています。マルチリフレクター化すると愛車のルックスが若返りますよ。

※当然ですが車検も問題有りません。検査となると社外LEDはNGなものも有ります・・・・ハーレー純正LEDは現行タイプはOK、初期のものはポジションが無いのでNG。常時点灯なんですけどね??どちらも明るさ、見易さは流石の純正です。

続きを読む »

スポンサーサイト

Club style Bike

Sans of Anakeyに登場するバイカー達が操るのはClub styleといわれるカスタムハーレー。
ベースはダイナ系でブラックアウト、フェアリング、ハイライザーバー、2in1エキゾースト、ガンファイターシートが特徴です。
charlie-hunnam-sons-of-anarchy-image-6_convert_20190401153251.jpg
物語の前半で主人公のジャックスが乗ってたTC88FXDX、途中からはは当時の最新型のTC96FXDBベースにチェンジ。

カスタムハーレーはとても多くのジャンルが有りますが、ベース車の入手や走りの方向性、予算など↑のClub styleはなかなか面白いと思いますね。簡単に言えば「走り系ハーレー」、あくまでスポーツであってレーシングじゃありません。
もともとビックツインの中では走りを売りにするTCダイナ系、XLファミリーよりは大きくて重たいので止まる、曲がるは劣りますが代りに6速ミッションが走りの幅を広げてくれます。トルクフルなTCエンジンをトップギアで巡航させている時の気持ちよさはスポーツスターには無いものです。



続きを読む »

Sans of anarchy

最近ハマってるTVドラマ。全シーズンDVD化されるまで待って観始めました(一度観出すと待てない性格なんで)。
ハーレー乗りじゃなくても楽しめますよ、FOXドラマの歴代DVD売上1位は伊達じゃないですね。ゴールデングローブ賞も幾つも取っているので只の安っぽいドンパチ映画じゃ無いことは保証します。
sons-of-anarchy-bikers_convert_20190329191618.jpg
カリフォルニアのバイカーを主人公にしたクライムストーリー。モーターサイクルクラブ(MC)がテーマな訳ですがバイクやライディングにフォーカスしていないところがGood。主人公が「超人的」な活躍をしてしまったりしないのも良いですね(笑)
所々でMCカルチャーを感じられるのも興味深いです、ベスト、裁決、見習い、プレジデント、クラブハウス等々・・・・

まだ私も観てる最中、寝不足の原因に次回は登場するハーレーのカスタムに関してでも。

Inspection

検査に行ったら陸運局がもう混み始めてました・・・毎年3末は凄い事になります。来週は渦巻き発生??
定番の車検整備一式、バッテリーはSHORAIへ変更。オーナーはバッテリーテンダー使っていたのでまだ生きてましたが使用年数的にいつ逝ってしまってもおかしくないので交換です。
IMG_5023_convert_20190318162241.jpg
タイヤやオイルの様に目に見える劣化は無いバッテリーですが充放電を繰り返すうちに少しづつ弱っていきます。

今年は3月30日だそうです、地元の方はぜひ。
Yokota Air Base spring fes

2019年開幕!

今週末Motogpが開幕、去年も書きましたがオススメのコンテンツです!スーパースポーツ乗ってないライダー、レーストラック走ってないライダーでも楽しめるはずです。モータースポーツの面白さ+プロレス的な要素があって、観れば観るほどハマりますね~。
濃いキャラのトップライダー達が繰り広げる台本無しのドラマ、今週からチェックし始めれば11月までたっぷり楽しめます。

自分もやってみたいな・・・な場合はスーパースポーツ買ってトラックへ
レーシングスーツ着て走行会にでも行けば膝擦ってMotogp気分を味わう位までなら案外簡単ですよ
ワインディングで熱くなるよりは安全だし、何よりNo mercy & No excuseで走れるのはレーストラックだけです。

私のトラックライフも開幕!まずは肩慣らしにFSWのショートで乗ってきました。CBRもそろそろ始動です、筑波のライセンス有るのに全然行ってないので(笑)
DSCF3439_convert_20190308141148.jpg

続きを読む »