FC2ブログ

Lighter & Stronger 

スポーツスターの社外ホイールです、ベルファストの鍛造6スポーク。
IMG_5016_convert_20190217113416.jpg
モーリスマグを連想させるヴィンテージスタイルながら仕上げは鍛造切削のシャープな雰囲気。パウダーコートなのも今風ですね。

IMG_5018_convert_20190217113748.jpg
フロント30%以上、リア40%以上の軽量化になります。この車輛はUSプーリーに交換済みなので更に!
リアが18インチ化されるので乗り味も変わりますからオーナー自身がライドしてセッティングですね。場合によってはトリプルクラウンの変更でトレールを変えてみる事も出来ます。

軽量ホイールへの交換はインプレッシブルな効果があります、加速&減速は勿論、コーナーリングや取り回しまで!燃費も良くなっちゃいますモトクロスブーツからスニーカーに履き替えた位に効くかも??

他にも社外ホイールは色々有りますから好みで選べます。デモ車の883Rはサンダンスの7スポーク、オールドスクールかつ純正っぽいフィニッシュが好みならこれもオススメです。
スポンサーサイト

No way~

バク転寸前で引っ掛かって止まってくれました・・・・・
DSCF3422_convert_20190212142849.jpg
車が横転する直前に覚悟を決めて防御体勢に入っている自分が(笑)慣れとは恐ろしいものです・・・・

SHORAIバッテリー

ここ数日の暖かさに誘われて、久しぶりにバイクに乗ろうとしたら・・・・この時期定番の作業です。
IMG_5012_convert_20190204200422.jpg
純正のAGMバッテリーからリチュウムバッテリーへアップグレードです。4年使ったなら充分でしょう、今回は車検メンテナンスの1つとして交換させて頂きました。
車検時に交換するケースが多いのでちょっと記憶をたどれば「そろそろかな?」と思い出してもらえると思います。この車輛も入庫予定日に上がりかけでギリギリセーフでした。まだ使えるから・・と先延ばしにするとツーリングの朝や出先で思わぬトラブルに。

IMG_5013_convert_20190204200602.jpg
スポーツスターの場合、初期充電済みの新品バッテリーをセットしてエンジンを始動した状態で↑位の数値ならOKです
異常に高い場合や低い場合はレギュレターやステータコイル等の車輛側システムに問題有りです。

私のZZR1100も4年半経ったのでそろそろ交換です。フル整備して乗り始めてから4年半、8000km位走りました
もっと楽に走れるFXDLやもっと速いCBRも有りますがZZRの総合力には及びません・・・・と言うか本当は性能じゃなくてフィーリングとかスタイルに惚れて乗ってます。
仕事柄色々なバイクに乗りますが自分と波長がピッタリな1台はそう多くはありません。

2月9、10、11日の3連休中日10日(日曜日)は臨時休業とさせていただきます。宜しくお願いします。

インディアンサマー的な・・・・

こんな日に乗らない手はないでしょう!って事で私も今日はバイク通勤。
IMG_5008_convert_20190203125310.jpg
バイク乗ってなかったら「なんだか今日は暖いなぁ~」位でしょうがライダーなら「おっ~!今日乗ったら気持ちいいだろ~!」って凄く気持ちが昂りますね
ワインディングや高速道路で4輪では何も感じないシチュエーションであっても「ここ、バイクで走ったら最高だろうなぁ~」なんて思えるのもライダーの特権です。

続きを読む »

エナジードリンク

化石燃料(ガソリン)を燃やしているので少しづつ汚れが溜まってくるのは内燃機の宿命。燃料の通り道からエンジン内部までを効率的にクリーニングしてくれるケミカルは欠かせません。
数年前、最初にフューエル1を使ったキッカケは在庫車輛の燃料劣化防止が目的だった気が・・・
IMG_5005_convert_20190202200532.jpg
ワコーズのフューエル1とヤマハのPEAカーボンクリーナー。性能的な優劣は検証していないので分かりませんがヤマハの方は目盛り付きの小さいコップが付いてくるので使い易いですね。価格はフューエル1が¥1728、PEAカーボンクリーナーが¥1836どちらも在庫有ります。

添加剤というと眉唾ものなイメージが有りますが最近では車輛メーカー純正で色々出てますから有名どころならどれも一定の効果は期待してよいと思います。パッケージは違えど、実質的に同じ(成分)だったりしますからね。
ヒューエル1でインティークバルブのカーボンを溶かした事があるので洗浄効果は間違いなく有ります、ただし・・・ピストンヘッドまでピカピカッなんて事までは流石に無理だと思いますが(笑)
数千Km毎に入れてあげてみては?そういう気遣い、きっとバイクも感じてくれるハズです